投資初心者のメモ帳

投資初心者が投資について勉強した事を書いていきます!

割安株を見分ける指標、PERとPBR

株が割安かどうかの指標になるPERとPBRについて調べてみました。

PERとは

PERとはPrice Earning Ratioの略で、日本語で言うと株価収益率の事です。
利益に対して株価がどのくらいあるかを表している数字で、少なければ少ないほど割安だと言えます。

PERの計算方法

PERは「株価 ÷ 一株あたり利益」という計算で求める事ができます。
株価と一株あたり利益はそれぞれ時価総額と純利益を株数で割った数字なので「時価総額 ÷ 純利益」でも求める事ができます。

つまり時価総額100億で利益10億の場合はPERは10倍、時価総額300億で利益15億の場合はPER5倍となります。

時価総額とは

PERの計算で出てきた時価総額ですが、これは「株価 x 発行済株式数」で表される数字です。
要するに株価に全株数を掛けた数字で、企業の価値を表します。

純利益とは

純利益とは企業の売上から経費や税金を引いて残った数字の事です。
つまり最終的に企業の口座に入ってくるお金になります。

PERの目安

PERは同じ業種と比較するのが良いと言われています。
下のように業界別のPERを調べる事ができるので、自分の買いたい株の業界の数字と比較してみるのが良いかと思います。

f:id:llcc:20180525155120p:plain

業種別・市場別 平均PER一覧(※随時更新)

マイナスのPERの意味

PERですが、時々マイナスの会社を見かけます。
これはPERの計算式である「株価 ÷ 一株あたり利益」の一株あたり利益がマイナス、つまり赤字な事を表します。 例えば株価20億で利益マイナス2億の場合、PERは-10倍、株価50億で利益マイナス50億の場合は-1倍になります。

赤字の場合は通常とは違って数字が小さいほどリスクが高いことを表します。

実際にPERを計算してみる

実際にPERを計算してみようと思います。
今回は任天堂の数字を調べてみます。

www.nintendo.co.jp

PERは「時価総額 ÷ 純利益」なので純利益と時価総額を調べます。
任天堂のIR情報を見ると2018年3月期の純利益は1395億9千万円です。
2018年5月25日時点の株価は42,470円、発行済株式数は141,669,000なので時価総額は「42,470 x 141,669,000 ≒ 6兆166億円」となります。

時価総額 ÷ 純利益」を計算すると「6兆166億円 ÷ 1395億9千万 ≒ 43.1倍」となります。
10倍~20倍のPERの会社が多いことを考えると、比較的割高な株だと言えそうです。

PBRとは

PBRとはPrice Book-value Ratioの略で、日本語で言うと株価純資産倍率です。
PERは利益に対する株価を見ていたのに対し、PBRでは純資産に対する株価を見ます。

PBRの計算方法

PBRの計算は「時価総額 ÷ 純資産」になります。
両方の数字を発行株式数で割った「株価 ÷ 1株辺りの純資産」という計算でもPBRを求める事は可能です。

つまり純資産100億で時価総額1000億なら10倍、純資産10億で時価総額50億なら5倍となります。

PBRの目安

PBRもPER同様に低いほど良いと言える数字です。
こちらも同業他社との比較をして割安・割高を判断します。

まとめ

今回はPERとPBRについて調べてみました。
数字をそのまま鵜呑みにはできないですが、今後は参考にして売買してみたいと思います。