投資初心者のメモ帳

投資初心者が投資について勉強した事を書いていきます!

オーバーアロットメントとはなにか?

IPO投資をしている中でオーバーアロットメントという単語が出てきます。
今回はオーバーアロットメントについて調べてみました。

オーバーアロットメントとは

オーバーアロットメントとは上場にあたって、需給の悪化を防止することを目的として導入された制度です。
簡単に言ってしまうと「株の人気が高い場合、新規に株を売り出す事で供給不足に対応する制度」になります。
そうして株を売り出す事で、多くの投資家が株を購入する事ができます。

オーバーアロットメントの売り出しは誰が行うのか

オーバーアロットメントは新規に株を売り出す事と書いたのですが、売り出す株はどこから来るのでしょうか?
この株は主幹事である証券会社が大株主等から一時的に株を借りて売り出します。

証券会社が借りるわけなので、これは後々返済する必要があります。
証券会社から株主への返済の方法は「グリーンシューオプション」「シンジケートカバー取引」の2種類があります。

グリーンシューオプション

グリーンシューオプションとは「主幹事が募集・売出しを引き受けた時と同一の価格で株式を取得できる権利」のことです。
つまり上場後に株価が上昇したとしても一定の価格で株式を購入する事ができます。

もし株価が高くなった場合、株を借りた証券会社はグリーンシューオプションを使って購入した株を株主への返済に充てます。

シンジケートカバー取引

逆に株価が募集価格より低くなった時に使われるのがシンジケートカバー取引です。
これは市場から株を購入して株主に返還する方式です。
市場価格が募集価格より下がっている場合に使われるので、その差分を証券会社がもらう事ができます。

上場後の下支えと言われるのはこの取引のことです。

まとめ

オーバーアロットメントについて調べましたが、株価の下支えなどとも関連していて面白かったです。
IPO株の購入時はオーバーアロットメントの有無なども見ながら判断してみようと思います。