投資初心者のメモ帳

投資初心者が投資について勉強した事を書いていきます!

一般信用取引と制度信用取引の違い

一般信用取引制度信用取引についてまとめてみました。

そもそも信用取引とは何か?

一般信用取引制度信用取引の違いを見る前に信用取引とは何かを見ていきます。

信用取引とは証券会社からお金や株を借りて行う取引のことです。
普通の取引では、自分のお金や自分の株を使って行います。
それに対して信用取引は自分の株がなくても、保証金を担保にして株の売買を行う事ができます。

株やお金を借りるので自分の持っているお金以上の株を買う「レバレッジ取引」や自分が持っていない株を売る「空売り」などを行う事ができます。

一般信用取引制度信用取引の違いとは

次は一般信用取引制度信用取引がどう違うのかを見ていきます。

一般信用取引制度信用取引の違いは株の借り先です。
一般信用取引では証券会社から株を借りるのに対して、制度信用取引では証券金融会社から証券会社経由でお金や株を借ります。
そして借り先の違いによって金利や株の在庫などが違ってきます。
詳しくは下の「一般信用取引制度信用取引のメリット・デメリット」で説明していきます。

制度信用取引の対象銘柄

制度信用取引ですが、全ての株で行えるわけではありません。
証券取引所が認めたところのみ対象銘柄となります。

銘柄一覧は下ページを参考にして下さい。

www.jpx.co.jp

一般信用取引制度信用取引のメリット・デメリット

制度信用取引をする大きなメリットは金利の安さです。
上で書いた通り、制度信用取引証券取引所が認めている銘柄のみなので信頼性が高く金利が安くなっているのです。
制度信用取引のもう一つのメリットは在庫の多さがあります。
制度信用取引証券金融会社の豊富な在庫を利用できるので一般信用取引に比べて在庫不足が発生しにくくなっています。

制度信用取引のデメリットとしては逆日歩があることです。
逆日歩とは証券金融会社の株が不足した時に発生する手数料の事です。
結構な金額になる上、発生するかどうかは取引後に分かるのでとても怖い制度です。
詳しくは下でまとめたので良かったら参照下さい。

www.clmon.com