投資初心者のメモ帳

投資初心者が投資について勉強した事を書いていきます!

投資信託の純資産と基準価額の関係

純資産と基準価額の関係

基準価額は純資産を総口数で割った数です。
総口数とはすべての投資信託の数になります。 つまり純資産1億で総口数が10万なら基準価額は1億割る10万で千円となります。

そもそも純資産とはなにか

純資産はそのファンドが持っている総資産(株や債権など)から必要経費や手数料を引いた金額です。
ファンドの運用が好調だったり投資人数が増えたりすることで増加します。

基準価額が上下するタイミング

基準価額はファンドの運用成績によるところが大きいです。
株のように購入する人が増えても価格が変化することはありません。
投資信託では購入する人が増えても純資産と総口数が増えるだけで基準価額は変わらないのです。
そのため基準価額はファンドがうまく運用したかどうかに大きく依存します。