投資初心者のメモ帳

投資初心者が投資について勉強した事を書いていきます!

MSワラントってなにか調べてみる

MSワラントが分からなかったので調べてみました。

MSワラントとは

MSワラントとは新株予約権の一種です。
通常の新株予約権は行使価格が決まっているのですが、MSワラントは行使価格が株価によって変わるのが特徴です。
行使価格は「株価終値の90%」というように通常より少しだけ安く行使できるようになっています。

MSワラントはなんの略称か

正式名称はMoving Strike Warrantで、行使価額修正条項付新株予約権と呼ばれています。

MSワラントのメリット

MSワラントは引受側のメリットとしては、「低リスクで利益が出る」というメリットがあります。
というのも株価がどんな変動しても、それより少し安く株を買うことができるので高確率で儲かります。

新株予約権を発行した企業としても、新規に資金調達できるというメリットがあります。

一方で既に株式を持っている人としては株数が増えて株価が下がりやすくなると言われています。

なぜMSワラントでは事前に空売りされるのか

MSワラントを受けた企業ですが、先に空売りをしてから行使する事が多くあります。
具体的には「1. 株の空売りをする」「2. MSワラントを行使して株を取得する」「3. 取得した株を空売りした分に充当する」という流れです。

なぜ先に空売りをするかと言うと、こちらの方が確実にキャピタルゲインを得られるからです。
もし「1. MSワラントを行使して株を取得する」「2. 取得した株を売る」という流れでMSワラントを行使すると少し損をする可能性があります。
損をする原因としては、2の取得した株を売る部分です。

株を売るので当然その分株価が落ちる可能性があります。
そうなるとMSワラントを行使した額よりも低い値段が売る必要が出るかもしれません。

しかし先に空売りする場合は、行使した株を空売りした分に充当するので株価に影響を与えません。
更に行使価格は空売りで値段が下がった後の価格なので損をする事がありません。
万が一最低行使価格を下回った場合は損しますがそれ以外では堅実にキャピタルゲインを得る事ができます。