投資初心者のメモ帳

投資初心者が投資について勉強した事を書いていきます!

TOB(株式の公開買い付け)とはなにか

TOB(株式の公開買い付け)について調べてみました。

TOBはなんの略か

TOBとはtake-over bidの略で、日本語で言うと「株式の公開買い付け」になります。

TOBとは

TOBとは「株式の公開買い付け」の名前の通り、期間・株数・価格を公開して買い付けることです。
買い付けは、東証などの取引所外で行われます。

TOBの買い付けはどこで行われるのか

TOBの買い付けは取次の証券会社経由で行います。
申し込み方法は各証券会社によって違います。

TOBの発表が行われるとどうなるか

TOBの発表が出ると、市場の株価がその価格まで動きます。
その価格で買い取ってもらえるので、市場価格がTOBの価格より低い場合はその価格まで値上がりします。

TOBは中止になることもある

TOBは予定株数が集まらないなどの理由で中止になることがあります。
中止になった場合、集めた株は返却されます。

TOBを行うメリット

TOBを行うメリットは一定の価格で大量の株を買うことができることです。
市場で大量の株を買おうとすると株価が上昇してしまうのですが、TOBなら一定の価格で買い取る事ができます。

上記に挙げた予定株数が集まらなかったらTOBを中止にできる点もメリットの一つです。
中途半端に購入してしまって処分に困る事がない事が利点です。

TOBを行うデメリット

TOBを行うデメリットは相手に買収妨害される事があります。
もし両者合意でTOBを行っていない場合、TOB先の企業が買収を避けようとする事があります。

TOBの妨害方法

TOBを防ぐ方法としてホワイトナイトという方法があります。
TOBを仕掛けた会社とは別の会社がより高い価格でTOBを仕掛ける事で防ぎます。